合氣道について

 合氣道(一般には「合気道」とも表記します)は、柔術、剣術、槍術など様々な武術・武道を修業された植芝盛平(うえしばもりへい)先生(1883~1969)によって大正末から昭和前半ごろにかけて創始された武道です。植芝盛平先生は、身長150cm少々という小柄な体格ながら、その卓越した力量によって当時において日本最高の武道家とも賞賛されましたが、自らの武道をただの闘争の技ではなく、全てのものの調和を目的とし、心身を一体のものとして修業していく「和合の道」として発展させました。合氣道は、現在では多くの会派に分かれつつも、その技法の特性や精神性から世界中で多くの人々に愛好され、日本を代表する武道の一つとなっています。

開祖 植芝盛平先生

〈 合氣道の特徴 〉

 合氣道は「合氣とは、愛なり」という植芝盛平先生の生み出された和合の精神に基づく武道です。そのため、技は自然の理法に即し、無理な力を使わず、自らを守ると共に相手を傷つけないことを旨としています。稽古はお互いに技をかけあって修練する形稽古を主とし、和合の理念に基づき、またルールに制約されず正しく技と精神を継承するため、試合や乱取りは行いません。また、合氣道は日本古来の伝統武道の特徴を色濃く継承し、座り技、対多人数技、武器技、対武器技など現代武道では珍しい様々な技法を稽古しています。

 徒手技及び対武器技で一般的に稽古する技は、主に手首や肘・肩の関節を押さえる、ひねるなどして動きを制する「極(き)め技」、体勢の崩れなどを利用する「投げ技」、それらを複合した「極め投げ技」、「当て身技(打突の技)」などに大別できます(これらの技の区分・名称は公的に規定されているものではありません)。しかし本来の合氣道の技は、相手との和合の中で生み出されるものであり、決まった形に捕らわれず、無限に生まれる可能性があります。ただし、和合の理念に反し、暴力的に相手を痛めつけるだけのような技は、合氣道の技とはなりえないと言えるでしょう。

 合氣道は、試合を行わず、無理な力も使わないため、女性や高齢者でも無理なく安心して稽古することができ、護身術としてはもちろん、健康増進効果も高いと期待されて人気を集めています。また、他の一般的な武道に比べ社会人になってから、あるいは中高年になってから稽古を始める方も多いことも、合氣道の特徴の一つであると言えるでしょう。

〈 合氣道の側面 〉

・護身術として

 稽古を通して対人に限らぬ様々な危険に対しての心身の備えが育まれます。合氣道の技は腕力に頼らないので、女性や高齢者、運動に自信の無い方にも適しています。対武器の技を多く稽古するのも他の現代武道では少ない特徴です。また、いわゆる「でんぐりがえし(前転・後転)」のように体を回転させて技の衝撃から身を守る「受け身」は、転倒によるケガから身を守るのに役立ちます。

・健康法として

 力を抜いて技を行う稽古は、体をリラックスさせ、関節を制する技は、ゆっくり適度な力をかけることで、節々の凝りをほぐす効果があります。さらに合氣道の技は左右の偏りなくなく稽古し、また力を抜いて技を行うためには体勢の安定が必要であることから、体のバランスが調整され、姿勢もよくなり、肩こりや腰痛の予防・改善に効果が期待できます。

・伝統文化の習得として

 合氣道のルーツとなった武術の多くは、江戸時代以前から日本各地に継承されてきた伝統武道(一般に「古武道」と呼ばれます)であり、合氣道はその理念や技法を色濃く継承しています。そのため、合氣道の稽古や研究を通じて様々な伝統的思想や所作、作法、礼法などに触れる機会を得ることができ、伝統文化への理解が深まります。

ここに挙げたのは一例です。

合氣道

AIKIDO

モバイルサイト

ページの先頭へ