合氣道真生会の技と練習内容

合氣道真生会では、合氣道の根本理念である和合の精神と技を一体のものとして修業してくことを目標とし、多くの独特な技法や稽古法を実践しています。なお、合氣道真生会では、開祖植芝盛平先生のお教えを守り、和合の精神に基づいて試合や乱取りは行っておりません。これは、試合のルールや表面的な勝負論に影響されず、正しく技と精神を継承し、修業していくためでもあります。

〇準備体操

無理なく安全に稽古ができるようにまずは準備体操を行います。合氣道独特の動きもあり、体をリラックスさせて自然に整え、普段から行うことで健康増進にも役立ちます。

〇体さばきの練習

合氣道真生会の稽古方法の特徴の一つがこの「体さばき」の練習です。連続した攻撃や多人数による攻撃を、相手を懐に導き入れるようにさばき、身を守りつつ動きの中から無理なく流れるように技ができるように練習します。

〇呼吸力の養成

〇座り技片手取り崩し

「呼吸力」という言葉は、会派を問わず合気道界全体で使われており、その捉え方は会派によって様々です。合氣道真生会の呼吸力は、自然体となって力を抜き、相手と触れている一点で結ぶことで生まれます。呼吸力が上達すると、相手が強く掴んできた場合などでも、腕力を使うことなく楽に技ができるようになり、技を受ける側では、力で押された・引かれたという強引な感覚がなく、自分の体が急に軽くなったかのようにフワリと自然に体が動いてしまいます。合氣道真生会の稽古では、合氣道の根本理念である和合の精神と技を一体のものとしていくことを目指し、この呼吸力の探求を特に大切にしています。

〇座り技 一ヶ条抑え

○入り身投げ

○剣取り小手返し投げ

○杖取り二ヶ条極め

○剣対剣

〇杖(じょう)の形

合氣道真生会では、体さばきと呼吸力により、相手を傷つけず、無理なく自然の理にかなうよう技を稽古します。極め技(関節を制する技)の稽古は、「相手の関節のカスをとってあげるつもりで行いなさい」という、開祖のお教えを守り、相手の体の凝りをほぐすような気持ちで行います。また合氣道真生会では、本来の合氣道では体術と不可分である剣や杖(じょう)といった武器を用いた稽古も重視し、より正しく合氣道を探求することを目指しています。

〇整理体操

稽古の最後には、二人ひと組で整理体操を行い、互の体をほぐして整えます。

合氣道

AIKIDO

モバイルサイト

ページの先頭へ