合氣道真生会川崎高津道場 活動報告

2018.02.06

熊本本部道場で稽古して参りました!

2018年1月27日(土)合氣道真生会熊本本部道場の朝稽古と夕稽古に参加して参りました。

26日(金)は仕事を早退し、職場から直接羽田空港に直行、19時すぎの便に搭乗し、熊本空港には21時ごろ到着、バスに乗って市内には22時少し前に着きました。飲みに行きたい気持ちをなんとかこらえて(寝坊して朝稽古に行けなかったら元も子もありませんので・・・)宿に入り、その夜は(コンビニで買ったウィスキーを少し飲んで)おとなしく就寝、翌朝はめでたく5時前に起きることができました。軽く朝食を食べて5時半ごろに宿を出てまだ夜同然の暗い道を歩き、一路本部道場の稽古場所である熊本護国神社へ。少し早めに着いてしまったので寒空の下でしばし待つことになりましたが、星空がなかなかきれいで眺めていてちょっと楽しくなりました。残念ながら星座などはあまり覚えていないのですが・・・(←注:覚えたいけど覚えられないのです)

朝稽古では濱田師範長のご指導の下、ドイツ人のマリオさんに相手をしていただき、剣と杖を用いた武器対武器の稽古を行いました。これは濱田師範長が演武会でも行われている形で、かねてよりビデオを何度も見て大まかな動きは覚えていましたが、いずれちゃんと教えていただきたいと思っていたので非常に嬉しく思いました。

濱田師範長による武器技の演武の様子

稽古の後は道場にテーブルを出してコーヒーを飲みながら1時間ほどゆっくりした後、マリオさんの車で宿の近くまで送っていただきました。マリオさんはドイツ北部のハンブルグ出身とのことで、自分も「フースバル(サッカー)」「ヴァイスビア(白ビール)」など知っているドイツ語をちょくちょく会話に挟んでみましたが、どうやらちゃんと通じたらしくちょっと嬉しくなりました。。ちなみに自分はドイツの古い街並みや伝統文化(とビールとソーセージ)が大好きで、ぜひ旅行してみたいしドイツ語も少し話せるようになれたらなー・・・と常々思っています。かれこれ20年以上・・・。なお、ハンブルグというとついついサッカー漫画の金字塔「キャプテン翼」の名GK、若林源三くんを思い浮かべてしまうのですが、これを理解してくださる方は果たしていらっしゃいますでしょうか・・・(若林くんはハンブルグFC所属という設定なのです)。

昼過ぎからは街に散策に出かけ、熊本城の周りや街中の様子を見て回りました。熊本城は未だ1年半前の震災の傷跡が大きく残り、相変わらず崩れた石垣などが目につきました。修復には20年ほどかかるという話ですが、ボランティアガイドのご年配の男性の話ではもっとかかりそうな様子だということでした。街中は震災二ヶ月後に見た時もあまり目立った被害はなかったようですが、その時外壁に大きな亀裂の入っていたコンビニなど被災した建物があった場所のいくつかは更地になっていました。市内中心部にある小泉八雲旧居も壁が崩れたり石灯籠が倒れるといった被害があった様子を写真で展示していました(※小泉八雲(ラフカディオ=ハーン):明治時代の文筆家で「怪談」の著者。熊本五高の英語教員を務めた。その後任が夏目漱石。八雲在職時の校長は柔道の創始者である嘉納治五郎)。

一旦宿に戻った後、夕稽古に参加するため再び本部道場へ。夕稽古は立山五段のご指導で体操、体さばき、呼吸力養成法の稽古を行い、その後はいろいろな技の形を通して呼吸力について濱田師範長にご指導いただきました。この時は他の皆様と別メニューで濱田師範長に個別指導していただき、非常にありがたく思いました。非常に緊張もしましたが・・・。その後は朝稽古に引き続き武器対武器の稽古を行いました。この時は野口五段に相手をしていただきました。

夕稽古の後は濱田師範長並びに奥様とご自宅近くのお店で夕食をご一緒させていただき、他の道場の方々の近況や、食事中にいささか無粋かと思いつつもせっかくの機会だからと技や礼法について不明確であったところを伺い、有意義かつ楽しい時間を過ごさせていただきました。

今回は濱田先生には体調不良にも関わらず稽古に出てきてくださり、丁寧にご指導していただき本当に申し訳なく、ありがたく思いました。教えていただいたことを少しでも身につけていけるよう稽古に励んで参りたいと存じます。そしていつも親切に暖かく接してくださる本部道場の皆様にも本当に感謝しております。今後共何卒、宜しくお願い申し上げます!

護国神社にもまだ震災の跡が残っています。

熊本城の石垣

熊本城の近くに立つ銅像。手前は幕末の思想家横井小楠(よこいしょうなん)、後列左から坂本龍馬、勝海舟、松平春嶽(まつだいらしゅんがく)、細川護久(ほそかわもりひさ)。今年の大河ドラマの主人公、西郷隆盛にも関係の深い人たちです。

上の群像の隣には西南戦争において熊本城を舞台に西郷軍と戦った陸軍少将(当時)谷干城(たにたてき)の像もあります。

小泉八雲旧居。いかにも日本の古い民家といった趣あるたたずまいです。

小泉八雲旧居の震災被害を伝えるパネル。

熊本空港に展示されていた漫画家さんたちからの応援色紙

帰路、空港に向かうバスを待っていたらちょうど郡市対抗女子駅伝のスタートに行き当たりました。

濱田師範長がご友人からいただいたという阿蘇のどぶろく、おいしいです!

おまけ

川崎高津道場へのお土産はこれにしました。

出発の数日前、横浜でも久しぶりに雪が積もりました。思わず雪だるまとか作っていたせいで実は自分もちょっと風邪をひいていました・・・。

合氣道真生会川崎高津道場 吉見新

カレンダー

«2月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28    

カテゴリーリスト

フィード

モバイルサイト

ページの先頭へ